FC2ブログ

非@食べ歩き

食の本~感想・記録・書評みたいなこと。食のニュース批評・食文化の研究を通して食事力を鍛えてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『パリのカフェをつくった人々』
玉村豊男 著

パリのカフェ経営者の多くが、オーヴェルニュという一地方の出身者たちであると聞くと意外でしょうか。

どんな歴史があってそうなったのかを、オーヴェルニュの歴史と人々を取材するなかで探った興味深いルポルタージュです。

日本に比べてずっと多様な県民性をもつフランスという国で、オーヴェルニュ人のどんな気質がカフェ生み育てたのか。
玉村氏ならではの徹底したフィールドワークでカフェのルーツを探ります。

ほかにも、ワインの国フランスで、ビールを飲ませるブラッスリー(居酒屋)が増えたのはなぜか。どうしてブラッスリーでカキを店頭に並べるようになったのか。など、旅メシの楽しみを倍増させる教養が詰まっています。

また、挿絵写真の美しさとタイミングの絶妙さも高く評価したいところです。

パリを旅する、あるいは興味ある者にとっての資料的価値はもちろん、本としての所有感も満足できる一冊です。

『パリのカフェをつくった人々』
玉村 豊男 著
4122029163


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guruman.blog62.fc2.com/tb.php/53-3020322c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
玉村豊男玉村豊男(たまむらとよお、1945年10月8日-)は東京都生まれのエッセイスト。東京都立西高等学校|都立西高、東京大学文学部仏文学科卒業、長野県東御市在住。ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー 代表。長野県原産地呼称管理制度|長
2007/09/07(金) 04:52:42 | なぎさのブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。