FC2ブログ

非@食べ歩き

食の本~感想・記録・書評みたいなこと。食のニュース批評・食文化の研究を通して食事力を鍛えてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食文化のもつ多様な側面を8人の研究者がおのおののテーマに沿って解説したものです。
8つの章それぞれが違う切り口で語られているので、食文化の広範な世界を俯瞰するのに役立ちました。

なかでも[第3章 食からみた日本史]の、日本に米食文化が根付くことになった歴史や、肉食が避けられていたわけの解説が興味深かったです。

全体に読みやすい文体で編集されているので、小中学校の食育テキストとしてもぴったりではないかと思います。


『新・食文化入門』
森枝 卓士 南 直人 ほか
4335550979


◆目次
第1章 食の文化地理
第2章 人は何を食べてきたか?―考古学が明らかにする食文化
第3章 食からみた日本史―米と肉を中心に
第4章 食からみた世界史
第5章 文化人類学からみた食文化
第6章 食と酒の文化―日本史の流れに添って
第7章 社会現象としてみた現在の食文化
第8章 食の未来

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guruman.blog62.fc2.com/tb.php/48-3dd8f8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。