FC2ブログ

非@食べ歩き

食の本~感想・記録・書評みたいなこと。食のニュース批評・食文化の研究を通して食事力を鍛えてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男子厨房学入門

『男子厨房学(メンズ・クッキング)入門 』
玉村 豊男 (著)

 包丁を持ったこともない、おじさん向けの超初心者本。
なんて、あなどってはいけない奥の深い料理書。

 「食品の変換」「風土の変換」というキーワードで語られる、
料理のレパートリーを豊かにするコツが解説されている。

料理をする人なら、知らぬ間にある程度、習得されているんだけど、
改めて理屈で考えると、なるほどという感じ。

 話は変わって。
中年のおっさん(上司とか)と食事をすると無性にイラつくことがある。細々とは説明しないが、著者の言葉でその理由が分かった。

  『料理をつくる楽しみを知っていることは、
   料理を食べる楽しみを倍加させる。
   私が料理を自分で作らない男を軽蔑するのは、
   無神経だからだ。』

何でもすぐに塩、コショウ、醤油、ソースで味を変えて食べる。
作るという工程を全く想像せず、ありがたく思っていない。
(食卓につけば勝手に食い物が出てくると思っている)
飲む(酒なら何でもいい)ことのおまけだと考えている。

こんな、おっさんにならないように。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guruman.blog62.fc2.com/tb.php/4-60abf3bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。