FC2ブログ

非@食べ歩き

食の本~感想・記録・書評みたいなこと。食のニュース批評・食文化の研究を通して食事力を鍛えてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ■内容
 「コク」というものは、だれもが口にする割にその定義は非常にあいまいです。
 本書はコクを「本能」「連想」「比喩・抽象」という三層から構成される味わいとして、科学はもちろん食文化、美学・美意識など幅広い観点からその解明を試みたものです。

 「コクのある演技」という表現があります。その演技にある人は非常に感動したのに、全くくそう思わない人がいるのは珍しいことではありません。
食べ物についても同じ事が言えます。物理的に同じ経験をしているにもかかわらず評価が異なるのはなぜでしょうか。その答えはコクの三層構造に秘められていたのです。

コクの秘密を調べる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guruman.blog62.fc2.com/tb.php/36-4b4d0dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。