FC2ブログ

非@食べ歩き

食の本~感想・記録・書評みたいなこと。食のニュース批評・食文化の研究を通して食事力を鍛えてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いろんな食べ物本を読んでみたいです。
偶然にもここに来られた、あなたのお薦め本を
教えてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
エンテツさんのブログでお名前は拝見しております。読んで頂いた上に本の紹介までしていただきまして、ありがとうございます。

 魯山人はの本は読んだことがないのですが、周辺情報から、どうも変人らしいという印象があり、一度読んでみようと思っています。

 たこやき、ってあまりに普通で普段意識しないですが、見方によっては日本版ショウロンポウだなぁ。なんて。世界のTakoyakiになれるのでしょうか。

 とても参考になりました。またよろしくお願いします。
2006/11/09(木) 14:39:07 | URL | shobosu #mQop/nM.[ 編集]
食の文庫本
はじめまして、エンテツさんの記事のクリック地獄から寄らせていただき、食の本感想をざっくりと読ませてもらいました。私はキューバや
ラテン音楽そして文庫本中毒の団塊
世代の一人です。リストにまだ載っていないものを思い出すままに。
魯山人味道 北大路魯山人 中公文庫娯楽の江戸 江戸の食生活 中公文庫
食悦奇譚 塚田孝雄 中公文庫
寄食珍食 小泉武雄 中公文庫
新撰豆腐百珍 林春隆 中公文庫
たこやき 熊谷真菜 講談社文庫
きつねうどん口伝 ちくま文庫
包丁一本がんばったんねん新潮文庫幕の内弁当の美学 榮久庵 朝日文庫カレー学入門 辛島昇 河出文庫
参考になりますかどうか。 
2006/11/09(木) 12:28:34 | URL | ボン 大塚 #aYDccP8M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guruman.blog62.fc2.com/tb.php/30-97bc372f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。