FC2ブログ

非@食べ歩き

食の本~感想・記録・書評みたいなこと。食のニュース批評・食文化の研究を通して食事力を鍛えてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末に回転寿司へ行った。
あまり行けないが、外食では一番利用する。
世の中いろんな飲食店があるが、小さい子連れで入るのに、回転寿司ほど適した業態が他にあるだろうか、と思う。

家計に優しいのはもちろんだが、助かるのは、乳児を連れている都合上、
料理が冷める心配もなく、離乳食をやりながらでも、自分のペースでのんびりと食べられることだ。

熱くて危ない物が少ないし、食べ頃だけをつまめる。また、こう言っては何だが、安い店には騒々しい客が多いので、子供が騒いでも迷惑がかかりにくい。
どの点でも、ファミレスよりも、牛丼屋よりも回転寿司に軍配が上がる。

食通曰く「回転寿司なんか、本物を知らない貧乏人の食い物」
ごもっとも、おっしゃる通りで。こちら100円の皿一枚を、とるかどうかで悩む正真正銘の貧乏人でございます。

回転寿司は、子連れに優しく、ありがたいサービスだが、
その立場は「本物の寿司」の劣化量産型だ。
ネタの違いは歴然である。

が、しかし、お金の事を無視した上で、子連れという条件で比べれば、
本物の寿司屋よりも、回転寿司のほうが優れていると言わざるを得ない。
今言ったように、おいしく食べられる環境が整っているからだ。
高い、安いとは別次元の価値観があれば、安くても十分にうまい飯は食える。

そんなわけで、回転寿司が好きだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guruman.blog62.fc2.com/tb.php/102-e1ceb2ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。