FC2ブログ

非@食べ歩き

食の本~感想・記録・書評みたいなこと。食のニュース批評・食文化の研究を通して食事力を鍛えてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 栽培した野菜を収穫せず、畑でつぶして廃棄する「産地廃棄」が問題になっているという。

 「産地廃棄」は、豊作や暖冬などで、供給が過剰になる野菜の価格暴落を防ぐ目的で行われる経済行為の一つだ。
 私は、現状ならやむなしと考えるが、世間的には、もったいない、不道徳だという見方をする人もいるようだ。

 私もできることなら有効に、誰も損せずに処分できればとは思う。たしかに廃棄するのは惜しいことだ。
 しかし、だからといって、国民に安く配給するというアイデアは間違っているだろう。

 単純に言って、通常の流通によって中間マージンを取っている業者の利益が失われる。その補填は誰が行うのだろうか。国庫で負担したところで、結局は消費者がその負担を負っていることに変わりはない。


 簡単に考えて、廃棄しないで済む方法。それは、残さず食べ尽くすことだ。
 季節のとれたて野菜を地産地消の精神で、毎日毎日、毎食毎食食べれば、
廃棄の量はずいぶんと減るだろう。

 が、そんなことは私もしたくないし、誰もしたくないだろう。
国が貧しかった頃の農家なら"親のかたきのように"喰ったという話もあるが、今さら戻ることはできない。

 いくら安くても毎日食べるのはイヤだ、という我々が思う限り、余るものは廃棄される。これはどうしようもないのだ。

 農作物は、工業製品と違い、需要を予測して、価格の安定や在庫の調整を計ることは難しい。産地廃棄とは要するに在庫処分の事だが、決して売れる見込みのない作付けをした結果として、廃棄しているのではないのだ。


 また、処分の仕方を考える前に、常に供給不足な状態を設定することができれば、廃棄を減らすことはできるだろう。
 しかし、それによる価格の高騰を許容する覚悟が消費者にあるだろうか。
いや、それ以前に、価格が高騰することが分かれば誰もが作付けするので、すぐに供給不足の状態は解消してしまうだろうが。

 産地廃棄が教育に悪い。と言う前に、自分たちの消費のあり方を考えてみるといいかもしれない。私には産地廃棄は必要悪に思える。


 一方、動物園に、というのも一見良さそうだが問題もあるだろう。

 もし、市民の自費で、畑から園まで適切に運ばれ、動物に与えられたとしたら、確かにエサ代の軽減にはなるだろうし、廃棄も減るだろう。

 しかし、それまで与えられていたエサはどうなるのか。おそらく普段、動物たちは、市場でほとんど値の付かない、規格外のB級品を与えられているのではないか。
 その代わりになるものが持ってこられたら、B級品の行き場が無くなってしまい、結局は廃棄されるのではないだろうか。
もしそうだとしたら、これはもったいなくはないのだろうか。


 先日、近くのダチョウの牧場へ、子供を連れて見に行った。
 ダチョウといっても趣味や、見せ物ではなく、家畜として飼われており、30人のオーナーによって共同で運営されているという。

 なんの話かというと、そこのダチョウの柵に大量のキャベツが
エサとして積んであった。キャベツは産地廃棄の対象となるなっているが、これは余剰生産分の有効活用だろうか。

 ダチョウは雑食で、エサが肉になる効率が、牛の4倍だという。
しかも、低脂肪で健康食として人気が出てきているらしい。

 ダチョウ牧場は見たところ、柵以外にたいした設備もなく、空き地に柵と管理小屋と水さえあれば飼えそうな様子だった。

 折しも食糧自給率の向上が叫ばれる中、輸入飼料に頼る牛肉生産を、
余剰農産物を利用してのダチョウ飼育にシフトできれば、食文化的にも
面白い展開が起こりそうだ。

 まずはダチョウ肉とやらを食べてみたい。
ダチョウ



ニュースソースは続きから・・・
[豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ…ダチョウ倶楽部]の続きを読む
スポンサーサイト
和食店の『認証』制度はやめます

Sankei WEB 12/23
和食「認証」やめます… 「支援」に2億7600万円

『認証』制度では予算を取れなかったので、「支援」に変更して、予算を通してもらったらしい。

 この支援の概要は、農水省発表による資料を参照。
 
 支援事業の一つに「日本食料理人への講習会の開催」とある。
 日本食料理人(つまり外国の外国人?)に対して、わざわざ教育費用をだしてやろうというのだから、太っ腹な政策だなあ。

 しかし、「海外日本食優良店についての基準策定等のための基礎調査」とちゃんと書いてあるところを見ると、認証だろうが、支援だろうが、どうも思惑は変わってないようですね。

 
「正しい和食」認証制度に米メディア猛反発

 この奇妙な制度に、アメリカ国内からも批判が出ているという。
ニュースソースには、現地飲食店のスタッフの声として以下の記述がある。

「日本政府の好みに味を合わせても意味はない。レストランは地元産業。地元の人が好む味に合わせ、創作するのは当然」と認証制度の意義に首をかしげる。

 日本人の考える日本食にしても意味がない、というところに私は同感するし、政府に関心を持ってほしいと思う部分でもある。

 そもそもこの制度には、日本産農林水産物・食品の輸出振興を支援する狙いがあるようだ。農水省のサイトでは、これらは明確にリンク付けされている。

日本産の農林水産物・食品の輸出促進対策のページ

 お墨付きを与え、「ありがたみ」を演出することで、日本産食材のブランド力を高め、結果として高く買ってもらおう。そんな戦略が直に描かれている訳ではないが、その匂いは感じられる。

 よく考えなければいけないと思うのは、日本人ほど舶来物、ブランド物が好きな国民が他にあるのかと言うこと。

 良い物を高く売りたいのならば、その良さを理解してもらうことが必要だろう。
 日本産食材を、日本人好みの日本食を媒体にして押しつけるのではなく、各国の地元料理(ジャパニーズスタイルを含む)を、日本産を使うことで、どれだけお値打ちに、おいしくすることができるのか、をアピールすることが必要ではないのだろうか。

 国産にも同じ物はあるが、できれば日本産を使いたい。と料理人に思わせるようなプレゼンテーションが有効ではないのだろうか。
 以前、日本貿易振興機構というところが、パリで「本物の日本食レストラン」に「お墨付き」を与える制度を導入というニュースのことを書きました。   →過去ログ

 今回、これと似た制度を日本政府が導入の検討を始めたということで、注目しています。

海外日本食レストラン認証有識者会議の設置について

1.趣旨
 海外においては、日本食レストランと称しつつも、食材や調理方法など本来の日本食とかけ離れた食事を提供しているレストランも数多く見られる。
 このため、海外日本食レストランへの信頼度を高め、農林水産物の輸出促進を図るとともに、日本の正しい食文化の普及や我が国食品産業の海外進出を後押しすること等を目的として、海外における日本食レストランの認証制度を創設するための有識者会議(以下、「会議」という。)を設置する。



 この広報をうけて、報道各社それぞれが記事にしているわけですが、たとえば、読売新聞。

海外の日本食レストランへの認証制度を来年度に導入

和風の調理法や接客にきちんと取り組んでいる店に日本政府の「お墨付き」を与えることで、正しい日本食に親しんでもらえるようにする。こうした自国料理の認証制度は、タイやイタリアも導入している。



まあ、ふつうに紹介しているだけですが、すこしおもしろいのは朝鮮日報。


日本政府「ニセ日本食お断り」 
日本政府、来年から海外レストランに認証制度導入へ


日本政府が「ニセ日本食店」の取締りに乗り出した。

 日本政府は2日、『正しい日本食』を強調し、日本の家庭食とはまったく異なる食事を販売する海外の食堂を取り締まるための法案を作成する計画であると明らかにした。



「取締まり」という書き方はどうかと思うのですが。
この記事にどれほどの影響力があるのかは知りませんが、
外国の"日本食レストラン"経営者に無用の反感を与えなければいいのですが。

 ちなみに、政府の組織する有識者会議ですが、メンバーは
以下の通りです。

海外日本食レストラン認証有識者会議メンバー

青井倫一慶 應義塾大学ビジネススクール委員長兼校長【座長代理】
日本フードサービス学会長
大島孝 (株)日本ふるさとサプライ専務取締役(元ホテル総料理長)
大森由紀子 フランス菓子・料理研究家
奥谷禮子 (株)ザ・アール代表取締役社長
小倉和夫 国際交流基金理事長(元駐仏、駐韓大使) 【座長】
北里一郎 明治製菓(株)最高顧問
久保征一郎 (株)ぐるなび代表取締役社長
佐々木隆 (株)JTB 代表取締役社長
佐竹力総 (株)美濃吉代表取締役社長
藤ジニー 山形県・銀山温泉旅館藤屋若女将
米和英 (社)日本フードサービス協会会長((株)リンガーハット取締役会長)

企業家が多いのかなという印象です。
「日本の正しい食文化の普及」とはいかなるものか。注目したいと思います。
モテモテ代替燃料 バイオエタノール
『食糧も燃料も担う』


代替資源の開発自体は結構なことです。
今朝の朝日新聞の記事を読むところでは、、アメリカなどでは政策的な思惑も絡んで、すでにバイオエタノール10%混合ガソリンが普及しており、燃費は落ちるが安いという利用者の話も紹介されていました。

日本でバイオエタノールの事業化を目指すというこの記事。北海道のスケールメリットが生かせるとはいっても、しょせん大陸の規模に適うわけもなく、はたして国産原料による普及は可能でしょうか。

 最近、ブラジルでバイオエタノール事情を視察してきた神戸大学の西島章次副学長は「農場も工場も日本とは規模がまるで違う。補助金を出してまで国内調達にこだわる必要はなく、ブラジルからの輸入が現実的。国民負担を増やしてまでやるというのなら、もう何も言わない」とあきれ顔だ



ということです。
それでも、エコロジーっぽいこと、自然派っぽい行動それ自体が目的になってしまうこの国だから、まあ進めてしまうのでしょう。

それと、エタノールの生成に、より適した品種の開発も重要になると思うのですが、遺伝子組み換え作物への抵抗感が大きい日本が、国際競争力を持ち得るのかどうか、また記事にある北海道では、組み換え作物自体が条例で栽培禁止されているという状況もあって、この先いったいどうなるのだろう。

また、廃材や、残りカスを利用して作るにしても、そのために必要なエネルギーは石油から得ることになるわけで、トータルでの環境負荷はどうなのかも興味あるテーマです。

ところで、
うちの県の草津市に巨大な風力発電機があります。

ドイツのファーランダー社MD70という機種ですが、国内最大級ということです。
市HPによると年間1200MWの発電を見込み、内1117MW程を隣接する施設で使い、残りを売電する計画となっています。
ところが、発電実績を見ると(なぜかHPからは削除されているのでキャッシュを見てください)
昨年は、806MWの発電であり、それ以前はさらに悪くなっています。
つまり、売電どころか、施設への充当も達成できていないのです。
ということは建設費用の3億円あまりは今後も回収される見込みはなく、何の意味があるのか分からない謎の施設となっています。

それでもいくらかはCO2削減に役立っているという反論もあると思いますが、はたしてそれが、建設、輸送、管理に消費した、または今後消費するエネルギーによって生じるCO2を上回ることはあるのでしょうか。
素直に原発から買電したほうが実は環境にやさしくないのでしょうか。

おそらく市は、収支が問題ではなく、環境問題への意識啓発が目的ですと言うのでしょう。それ自体は否定しないけれど、合理的でないことの説明にはならないと思う。(まあ観光名所にはなってますが)

エコロジーとは、現代人の一つのガス抜きだと私は思う。
企業が、実質はともかく、エコっぽさで商品アピールするのは商売だからよしとしても、同じ理屈で、行政が市民のウケを狙ってエコ散財するのはやめてほしい。

とはいえ、市民の支持もなく行政が好き放題しているのではない。市民側に根強い、合理性やリスク・ベネフィットを無視した天然・自然信仰が、こうした不合理を認めてしまう温床なのは間違いないでしょう。

自戒をこめて、複眼でものを見なければ、思う。

ともあれ、エタノールで国庫に赤字を出してまで作物を作るより、同じ持ち出しなら、食べ物の欲しい人に与えてやることはできないのだろうか。

最近、いかに貧乏で、金稼ぎに命を削らず、それでいて充実した人生は可能か、ということをバカバカしく思いながらも考えている。

バイオエタノールも結構だけど、現に、買ってきては捨ててる資源を初めから買わないで済ますような、ぼちぼちそこそこの満足感で事足りる世の中にできないものかな。
そんなんじゃ不況になって滅ぶか・・・。ガツガツした文明の終着も滅びに違いないけど。
化粧品に続いて今度は寿…

こんなことで食通たる中国人が誤解することはないとは思うけど、
抗日の一環として役人がやっているとしたら、なんともくだらない話。

まあ、店の中国人経営者とスタッフが困るだけなのだが・・・・。

「真の和食」にお墨付きマーク 仏で偽物の苦情増え

 ちょっとちょっと。苦情って誰が言ってんの?
まさか日本料理屋の日本人じゃないだろうね。
日本料理をかたった変な店が繁盛して困る、とか。
そりゃうまいから流行るのであって・・・

 よその土地でそこの人々が何をどんな風に食おうが日本には関係ないんですよ。
それがジャパニーズスタイルだとしても、むこうで食われている以上はあちらの食べ物。

参照→回転スシ世界一周

 味が違おうが、みそ汁が前菜だろうがそれがあちらの趣味に合ってればそれが向こうのジャパニーズスタイルであって、フランス人の食文化でしょう。
合わなければ淘汰される。それだけのこと。

「間違った味覚」「立派な日本食」だなんてこのおっさん何様のつもりだろう。つまらないナショナリズムだと思う。

 だいたい日本料理なんていうのは、カレーを『日本料理法大全』(参照『カレーライスの話』江原恵 著)に書き入れてしまうような、スシや天ぷらみたいなファーストフードが伝統食になってしまうような、闊達でフレキシブルな精神が売りであって、よってどこの文化にもなじみやすい懐の深さこそが魅力であり、私はそれを誇りに思う。

 コミックやアニメでさえ日本文化として認知される昨今、
いまや料亭という博物館にしかないような「真の和食」を日本的だと認定するなんて、自らを縛る自殺行為であるとなぜ気付かない。

 うわべのナショナリズムをくすぐってやれば予算が付きやすいのかどううか知らないけど、本当にばかばかしい。というかフランス人をバカにしすぎ。本物かどうかなんか彼らの舌と頭が判断することでしょう。

パリっ子には人気らしい

こうした“偽”日本食レストラン(コチラのブログを書いているフランス在住の方の間では「ニセジャポ」と呼ばれているそう)の多くは、中国人やベトナム人が経営し、日本食とはほど遠い料理を出しているところがほとんど。しかし困ったことに、夜中も開店していて「本物の和食店」よりも値段が3分の1程度なため、パリっ子には大人気なのだとか。



naobossa さんのブログ『フランス美食村』
「ニセジャポ」

記事全文は、続きを読むから
 これは、離乳食だけが面倒なんじゃなくて、自分の飯をまともに作るのも面倒な人なんでしょうね。
子供のことより自分の飯の心配をしたらどうなの、と思う。

どういうことかというと、
乞食扱いなのでしょうか。

<岡山・美咲町、乳製品提供事業1ヵ月余 朝食への意識高まる>
記事全文は続きを読む・・から。

経済的理由もなく食べ物を恵んでもらい、それに頼るなんておかしくないでしょうか。

「朝食の大切さをあらためて意識した」
「栄養価も高く、ありがたい」


と思うならこの親は明日から朝食を用意するべきでしょう。
仕事や眠気を理由に、朝食をとらせないのかもしれませんが、
そんなことで「無理」と切り捨ててよいほど、家庭の食事はどうでもいいことなのでしょうか。
栄養の充足や、満腹感だけが食事の目的ではないはずです。

朝食が食べられない体質というが、本当に食物が摂取できない病状の場合はともかく、単に夜更かしで体のリズムが狂っていたり、深夜の夕食が原因となっていないでしょうか。
親の生活態度が子に大きな影響を与えることに、十分配慮できているか疑問です。

いっぽう、だれの労も感じることなく、目の前に食べ物が差し出されることに児童が感謝の気持ちや、食事への興味をもつでしょうか。おそらく逆効果でしょう。
これでは「朝食への意識高まる」のではなく、タダ飯に慣れて礼を忘れることになりかねません。

 

授業中、落ち着きがない子どもが増えているのは空腹も影響しているとの判断



をするのであるなら、学校で朝食と称しておやつを食べさせるよりも、下校時に持ち帰らせて、翌日の朝食として家で食べさせたほうがずっとましではないでしょうか。少なくとも食卓を囲むチャンスは得られるでしょう。

また税金で食べ物を配給することには他の問題もある。
配給されるのは乳製品ですが、それを食べたくない子には不平等ではないか。ポテトチップでもなんでも代わりに食べさせてほしい。という話になることです。(もちろん税金で食わせろと)
もしもそういった声が上がったとき、チーズは良くて菓子はダメだという理屈をみつけられるでしょうか。

この制度を好意的に評価する親がいるというが、本当は朝食の外注化によって、我が子にかかる手間が一つ減らせたことに喜んでいるのではないかと疑いたくなる。

食事を朝も昼も学校に任せ、食事技術の伝承を「食育」とよび国に丸投げし、夕食さえ親の都合で一緒に食べないとなれば、いったい何のための家族なのかと考えてしまう。

『現代家族”の誕生―幻想系家族論の死』
『変わる家族 変わる食卓』
ひこにゃん
ひこにゃん
 昨日書いた、彦根城築城400年祭の入場料に関して。
市長がタイトルのごとく発言したことが問題になっています。
 ソースは「滋賀彦根新聞」(サイト無し)

 「損はさせない」的な発言もあったようですが、
たとえ赤字になっても、誰の責任も問われないんだから説得力に乏しいです。
1000円。
ひこにゃん
ひこにゃん来年度、滋賀県彦根市では『国宝・彦根城築城400年祭』が催されます。

 昨日の朝刊地方版に出ていましたが、期間中現在の入城料500円を倍増の1000円にする議論があがっているらしいです。非公開重文を公開するからとか。
 
 国宝だし、桜の季節は圧倒的な美しさがありますよ。
でも1000円ってどうですか?

全国からわざわざ彦根城をのために足を運んでくれた人は1000円でも見て帰るでしょう。
だけど、ちょっとドライブとか、長浜観光のついでに立ち寄った人が出す値段じゃないです。ましてや市民ならいわずもがな。期間後は500円に戻るというのだから・・・。

 1000円にして、ひこにゃんの通行手形みたいな入場券を渡すとか、なにかオマケがないとだめじゃないかな。

↓ こんなのとか(笑)
てがた


ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。